日々の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS ダブル・ジョパディー【映画感想】

<<   作成日時 : 2007/02/10 05:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像テレ朝のシネマエクスプレスで「ダブル・ジョパディー」を流し見、、

のはずが!結構面白くて最後まで見てしまった(^o^)
解説: 身に覚えの無い夫殺しの罪で投獄されてしまったヒロインのリビー。実は死んだはずの夫は生きており、彼女は罠にはめられていたのだ。彼女は保護監察官のトラヴィスと共に、愛する息子を取り戻すべく夫への反撃を開始する。切り札は「同じ人間を2度殺す事はできない」という法律の落とし穴“ダブル・ジョパディー“だ。当初予定されていたジョディ・フォスターに代わってヒロイン役に起用された、アシュレイ・ジャッドの好演が光る(allcinema ONLINE)
今までいろいろトミー・リー・ジョーンズの出演作見てきたけど、、そんなに好きな俳優ではない事を再確認!(汗)
今回の役柄は善人系の役柄だったので悪い印象は感じなかったけど(^^;)
合衆国に「二重処罰の禁止」という憲法があるなんて始めて知った。

製作の顔ぶれは知らない人ばかりだけど調べたら脚本の二人は「ザ・ロック」の脚本家だった事を発見(@@)
どちらもイイ脚本だなぁ〜
1999年の作品だけど古臭さは全く感じなかった。
エンディングもハッピーエンドでなかなかイイ感じでした(涙)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダブル・ジョパディー【映画感想】 日々の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる