日々の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS ヘルボーイ ゴールデン・アーミー【映画感想】

<<   作成日時 : 2008/12/31 10:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ヘルボーイ ゴールデン・アーミー」の試写にて鑑賞。
ストーリーの出来がよく最後まで飽きずに楽しめました。しかし本作品は映画「ヘルボーイ」の第二弾なので前作を見ておいたほうがより楽しめると思われる。
とはいえ今作だけ見てもちゃんとストーリーは完結してるので全く問題は無い!
クリーチャーやゴールデン・アーミーのCGがダークな世界に違和感なくマッチしている感じだった。

ちなみに全米で本作品は前作を上回る興行成績を記録したのだが、実は非常に勿体ない公開時期になってしまっていた。
ゴールデンアーミーが公開した次週にダークナイトが公開した為、興行収益にマイナスの影響があったと思われる(たぶん)
2008 US Movie Box Office(7月12日&19日付けの週参照)

とりあえず今作もデルトロ&ミニョーラのコンビでダークな世界観は全く失われて無い感じで良かったです。
以下の細かい感想は予告の下
【予告】


【以下ネタバレ含む感想】(公開前なのでグレー)
序盤ヘルボーイキッズがブルッテンホルム博士に物語を聞かせてもらうところから始まるのだが、その後に展開されるストーリーのあらすじの説明としてとてもわかり易く語られている。

リズとヘルボーイの関係、前作でガイド的役割だったマイヤーズの左遷等、、、
邦題では「2」が外されたが内容には前作からの流れが散りばめられていた。

ヨハン・クラウス:今回新たに加わったBPRDメンバーのヨハンが良い味出してるのだが、大活躍はしなかった感じ(汗)
ヨハンと言えば以前BPRDのコミックで犬に乗り移ったのを読んだ気がするので再度調べてみようと思う。

エイブ:今回もやはり何だかお騒がせキャラ。何となくジャージャービンクスのノリに近いと感じた。

リズ:まさか早くも妊娠しているとは(^^;)
死の天使の所で気が付いたけどリズ視点で作るのが共感を得るには良いのかもしれないと感じた、、、のだけど、倦怠期とか妊娠などの話は爽快感に欠ける気がした。
とは言えこの妊娠話を聞いた人の殆どは「リズとヘルボーイの間の子ってどうなのよ?」と一瞬は考えただろうと思う。

ギミック的には今回サマリタンをグレードアップしたBig Babyが登場した!

ビジュアル的にやり過ぎ感がありイイ!どう考えてもヘルボーイにしか扱えない一品だと思う。
このBIG BABYで発芽した森の神を撃つのか撃たないのか迷うシーンは個人的に好きな箇所です。

そういえば2004年にデルトロ監督がトリロジー希望との話題が挙がってた事を今更思い出し、3に関して調べたところ7月にデルトロ監督はこんな事を言ってました。(ヘルボーイが2004年でゴールデンアーミーが2008だったので次は2012)みたいな感じです。

今後も続編が定期的に作られていくと非常に嬉しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヘルボーイ ゴールデン・アーミー【映画感想】 日々の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる